裏磐梯高原
四季を通して楽しめる裏磐梯高原
旬材を活かした心尽くしの料理
大自然に囲まれて過ごす癒やしの時間

〒969-2701
福島県耶麻郡北塩原村桧原五色沼入口1074

TEL 0241-32-2923
FAX 0241-32-3288



四季折々の美しい景色、
一年中楽しめるアクティビティもいっぱい

磐梯朝日国立高原は福島・新潟・山形の3県にまたがり、北海道の大雪山に次いで全国第2の面積規模をもつ国立公園です。 福島県側には、見所の中心である磐梯山・吾妻連峰・安達太良連峰・飯豊連峰の一部などの山々と猪苗代湖があります。 1888年の磐梯山の大爆発により、桧原湖・小野川湖・秋元湖をはじめとする大小300余にのぼる湖沼群が生まれ、今日の裏磐梯高原がつくりだされました。
中でも裏磐梯国民宿舎にほど近い五色沼は、翠・青・緑赤・青白などの神秘的な色彩で訪れる人々を魅了します。
標高800mの高原一帯は夏も涼しく避暑に絶好で、春は桜にミズバショウ、秋は紅葉、冬は一面の銀世界と、絵葉書のように美しい四季が見られます。
また、トレッキング、サイクリング、テニス、釣り、スキー、ワカサギ釣りなど、一年を通してお楽しみいただるアクティビティも豊富です。

お楽しみがいっぱいです!
周辺の見どころ

五色沼

車で約5分

エメラルドグリーンやコバルトブルーに輝く神秘的な沼「五色沼」。 正式には「五色沼湖沼群」と呼ばれ、幾つかの沼で構成されています。 五色沼の蒼色は水中の微粒子の大きさにより変わります。 美しく移り変わる不思議な沼を是非一度御覧ください。

五色沼イメージ

中津川渓谷

車で約15分

紅葉の名所として知られる中津川渓谷。
カエデ、ハンノキ、ヤマザクラなどがどこまでも赤く染まる紅葉は見事です。
トレッキングコースも有り、美しい景色を眺めながら散策が楽しめます。

中津川渓谷を東大巓へ向けての遡上は本格的な沢登りとなるため上級者向けとなっていますが、 レイクラインの途中からは遊歩道が整備されているため、簡単に渓谷に下りることができます。

中津川渓谷イメージ

グランデコリゾート/パノラマゴンドラ

車で約3分

標高1,320mに位置するデコ平湿原には、4月下旬の水芭蕉から10月の草紅葉まで、高原の植物が次々と見られます。 特におすすめなのが6月頃に湿原一面を白く染める「ワタスゲ」です。
10月初旬頃からゴンドラ山頂に紅葉が広がり、10月下旬にかけてゴンドラ乗車中の景色が見頃になります。
11月に入るとゴンドラから見渡す裏磐梯一帯の紅葉が見頃になります。
>>公式ホームページはこちら

グランデコリゾート/パノラマゴンドライメージ

雄国沼

車で約120

ニッコウキスゲの大群落で有名なカルデラ湖です。 雄国沼湿原植物群落として国の天然記念物にも指定されています。 標高1,000mの位置にあり、初夏にはレンゲツツジ、6月末~7月初めにはニッコウキスゲの大群落が咲き誇り、多くの人が訪れます。

雄国沼イメージ

ラビスパ裏磐梯

車で約30分

天然温泉とプールが楽しめる、オールシーズン・全天候型リゾート施設です。
多彩なプールで遊び、大浴場と日本庭園の露天風呂でお寛ぎください。
フィットネスジムやお食事・休憩スペースもあります。
>>公式ホームページはこちら

ラビスパ裏磐梯イメージ

猪苗代湖

車で約30分

別名「天鏡湖(てんきょうこ)」とも呼ばれる、透明度の高い美しい淡水湖。
面積は日本で4位の大きさです。
夏はマリンスポーツや湖水浴、冬は白鳥の飛来地として有名です。

猪苗代湖イメージ

裏磐梯の宿にお越しの際は、アクティビティが楽しめる磐梯朝日国立高原へ

安い宿をお探しの方におすすめの裏磐梯国民宿舎では、素泊まりからお食事つきのご宿泊コースまでご予約いただけます。近隣の観光スポットである磐梯朝日国立高原は、福島・山形・新潟の3県にまたがる大きな国立公園です。五色沼の神秘的な色彩は、旅行の醍醐味でもある非日常の世界観を彩ってくれます。中津川渓谷ではトレッキングを楽しみながら紅葉狩りを。白鳥の飛来地としても有名な猪苗代湖は、マリンスポーツ・湖水浴もできます。他にもスキー・スノーボード・釣りなどさまざまなアクティビティをお楽しみいただける国立公園です。